ワーキングホリデーを本気で考えてみる

一度海外旅行を体験してしまうと、必ずリピーターになるんですって。
わたしも、すっかりそんなリピーターの一人。

安いツアーパックがあれば、どんな国であれ行ってしまう。

一番はグアムが大好きだけれど、他の国でもたくさんのことを教えてくれる。

今までは、単に観光ビザで入国していたけれど。
滞在が、本当に観光で短いのよね。
かといって特定の国に移住するような勇気、わたしにはない。

そんなわたしのところに、ワーキングホリデーの情報がきたの!

みんな、知ってたー?
わたしはここまで生きてて初めて知りましたよ!

国は決まっているけれども、その国で働くことができる長期滞在ビザ。
海外での生活に憧れる身としては、この上ない素晴らしい制度なわけで。

…グアムは指定国には入っていないんだけれどね。

とにかく。
このビザでどこかの国に長期滞在してみるチャンスがあるわけだ。

幸いにもわたし、まだ適用年齢内だし!
真剣に考えてみる予定です。

この話を聞いてからというもの、いろいろと調べてみたんですよ。
わたしが特にいいな、と思ったサイトはこちらです→<ワーキングホリデー>

ワーキングホリデーの詳しいことから申し込みまで、一気にこのサイトで済んじゃいます。
日本ワーキングホリデー協会

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ワーキングホリデーの話しをシンガポールで聞いた

先日、ついにわたしもシンガポールに行ってみました。

グアムの彼も、エステ大好き主婦の彼女もナシ。

まーったくの、わたし一人旅です。

これじゃあ、いつもの海外旅行レポートじゃないかって?

うう~ん、確かにグアムとシンガポールではあまり変わりないかも…

じゃあさ、わたしが特にシンガポールで聞いた興味深い話を聞いてください!

シンガポールで日本人女性と会ったの。
わたしと同じ世に、女一人旅。

多分、年も同じくらいだったからお互い気が合ったのかも?

今回、彼女はシンガポールに興味があって一人でゆっくり来てみたんだって。
海外旅行はパックツアーだけの経験だったみたい。

これから、どんどんいろいろな国を巡ってみたいという彼女。

でもね、この年齢で海外旅行するなんて時間的にもお金的にも難しいと思うの。

そう率直に話したら彼女、ワーキングホリデーっていう素敵な制度について教えてくれたんだー。
働きながら滞在、だと生活費を少しまかなえるからいちいち日本にお金を稼ぎに戻っている必要はないしね。
なんという、素晴らしい制度!

もっと知りたくて、サイトを検索してみました→<ワーキングホリデー・シンガポール>

ワーキングホリデーの細かいところはここでチェック。
日本ワーキングホリデー協会

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

さらににネイルまで施して、シンガポールへ

さてさて。
先日お話しした、エステ大好き主婦の友だち。

なんと、シンガポール行きの前にさらにネイルサロンにも寄って行ったんですって!

それこそシンガポールでもどこでも大丈夫じゃない?
というか、思い切って冒険してみる価値のある部分ではなかろうか。

グアムにも興味があるという彼女。
だったらグアムでネイルをはじめた彼を紹介してあげたのにー!

彼、グアムから帰ってくることなんて滅多にないだろうからな。

彼のことを話したら、彼女も興味を示してくれたけれど。
グアム旅行はもう少し先のことになりそうだし。

彼女の、既に施術してもらったネイルはベタにマーライオンなんて飾られていた。

もー、本当にシンガポール旅行を楽しみにしているのね。

このシンガポール旅行で海外旅行の楽しみを知ってくれたら…
今度はわたしと一緒に、ぜひ彼のグアムの光を見せてあげたい。

ちょっとしんみりしちゃったかな?

彼女の話しから興味を持って、わたしもインターネットを調べてみました。
面白いサイト、ありましたよ→<ネイル シンガポール>

ネイルについては、本当にピンキリですのでこんなサイトもご覧くださいね。
日本ネイリスト協会

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

まつ毛エクステで気合入れてシンガポールへ

わたしは、友達の影響でグアムにはまりつつある。
このブログでも何度も書いているから、みなさんもうお気づきだと思うけれど。

でもね。
わたしの友だちではエステ大好き主婦がいる。

わたしよりも年下だというのに、エステに通いまくり。
もー、そんなにお肌ツルツルにする必要なんてないんじゃないのー?

彼女の話し、楽しいんだ。
今日は、そんな彼女の話しをご紹介。

彼女はひょんなことからシンガポール旅行が当たったんだって。

なんと、うらやましい!

あまり海外に行きなれていない彼女。

エステ好きの根性で、シンガポールでもエステに行きまくるスケジュールを立てればいいのに…

まつ毛エクステだけは安心できる日本で施術してもらってから旅立ちたいんだって。
そこまでして気合入れて行くところなのかしら、シンガポールって?

そもそも、慣れない海外だから分かるけれどもしかしてシンガポールの方が安心安全かもしれないじゃない?

わたしはちょっと検索してみることにしました→<まつ毛エクステ シンガポール>

まぁ、友人のように心配性のひとはじっくりとこのサイトを見てみてくださいね。
まつ毛エクステンションの危害・国民生活センター

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

まずは、法律無料相談

わたし、また近々グアムに行きたいと思っているんだけど。

先日の債務整理の友だちの話しを聞いたら、そういえばわたしったら世間のこと何にも知らないなって思って。

もし…、もしもよ?
グアムで旅行中に何らかの事件なんかに巻き込まれちゃったら。
わたしのような外国人の見方になってくれるそうな組織はあるのかしら?

国が違えば、もちろん法律も違うから日本での常識は違うだろうし。
法律無料相談のようなものがると安心なんだけれど。

巻き込まれる前に、まずはそうしたサービスがあるかどうか知って行かないとダメね。
必要になってから調べたんじゃあ遅いもの。

日本でもまず、海外旅行のための法律無料相談があるかどうか調べてみようかしら。
そこから海外の支店とか紹介してもらえると思うの。

みんな、意外と気が付いていないのかしら?
あ。でもそれはそんなにも長期間の海外旅行をしたりしないからね。
ほとんどは旅行会社が全てをパックにしてくれるツアーだろうし。

かくいうわたしも、ついさっき気が付いたのでしたー。

だいぶ慣れてきたとはいえ、やっぱり海外での滞在中はちょっとしたことで不安になっちゃう。

そうした不安を、少しでも取り除いて快適な旅行を楽しむのだー!

わたしのおすすめサイトはこちらです→<法律無料相談>

本格的に知りたい方はこちらもどうぞ。
無料法律相談センター

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

債務整理相談されちゃった!

なんだか毎日、びっくりするようなことが起きるわねー!
グアムに居る彼なんかで驚いていられなかったわ。

今日もちょっと真面目に、債務整理の相談なんかされちゃったりして…
わたし、会社勤めだけれどこういうことにはとんと弱いのよー!

わたしなんて、聞いてあげることしかできない。
友だちも、それで充分みたいだけれど。

でもさすがは追い込まれた友達。
しっかり調べていることが調べているのよね。

彼女の無駄遣いが原因じゃなくて、どうも旦那さんの散財っぷりがいけなかったみたいなのよ。

お会いしたときの旦那さん、とっても真面目そうな人だったけどなー。
人は見かけによらない、ってことかしら?

でね。
債務整理、っていわゆる自己破産じゃない?

これまでに膨らんでしまった借金を軽減する代わりに、行動に制限が出ちゃうみたいなの。

例えば、キャッシュカードは作れなくなっちゃうとか。
これは、また借金を繰り返さないためにも当然よね。
そもそも借金を返済できるお金がないんだし。

それから、郵便物が公的機関か何かにチェックされるらしいの。
これは嫌だわー!
プライベートも何もあったもんじゃあないわね。

友だちは悩んでだけれど。
このご時世、債務整理した方がいいんじゃないかな。

これを機に、わたしもちょと検索してみました→<債務整理相談>

友だちにはこちらの真面目なサイトを紹介しておいたわ。
自己破産・債務整理ガイド

グアムの彼と共通の人だから、彼にも報告しなきゃかしら?

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

私設私書箱を申し込みたくて

こんにちはー。

グアムの長期滞在、楽しかったです!

まだまだ書ききれないところがあるので、少しずつUPしていきますからお楽しみに!

今回はグアムから少し離れた話なんだけれど。
私設私書箱を作ろうと思うの。

グアムの光。
グアムでの数日間がなかなか忘れがかくて。
自分の人生をゆっくり考えさせられた貴重な時間だったわ。

こうして、わたしがまた日本に帰って来なければならないのはほとんど仕事のため。
仕事があるから、戻って来なきゃならい。
仕事は庶務場に行かなければできないもの。

あぁ。
どうしてこう、仕事を中心に人生が回っているのかしら?!

そもそも、仕事って生活のための手段としか考えられないの。

もっと楽しく仕事がしたい。

独立しちゃう?

でも、お店を出す資金なんてないわ。

そんなことを考えていたら。
まずは自宅の住所を公開しない、私設私書箱を取ろうと思うの。

あれ、個人でもちゃんと手続きすれば設置できるんだね。
住所を公開しないでも手紙のやり取りができるから、便利だわ。

早速、郵便局で詳細を聞いてみたら丁寧に教えてもらったし。

前もって、インターネットで検索していたのが良かったかしら。
わたしが参考にしたサイトはこちらです→<私設私書箱>

本格的に知りたい方は、こちらもご参考くださいね。
私書箱・郵便局留めー日本郵便

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

グアム紀行、長期滞在編

久しぶりに、グアムに来ていまーす!

そう、あのグアムに魅せられちゃって一年の大半はグアムで過ごしている彼のところに来たのだ。

今回は、わたしも少し長めに滞在することにしました。
といても会社があるから、彼の滞在の足元にも及ばないんだけれどね。

グアムの光、って不思議な言葉よね。
神秘的で、本当のグアムの日差しはとってもあついのに(そりゃ日本とは比べ物にならないくらい!)この言葉ではそんな過酷な現実さえも包み隠してしまう…

もっとも、彼のいうグアムの光は太陽のことだけではないようだけれど。

そしてそして!
以前に彼がネイルサロンで働いていることを書いたけれど。
まだ続いているんですってー!

元々手先が器用な彼。
接客も上手だから、お客様の女の子とおしゃべりしながら芸術作品を黙々と仕上げるのが合っているみたい。

そんな彼の面白ネタを皮切りに、わたしのグアム紀行は始まったの。

グアムは初めてというわけではないけれど、どこもとっても魅力的!

さすがは日本人に人気の海外スポット、グアム。
さまざまな方がブログにUPしていますから、ぜひいろいろなサイトを覗いてみてくださいね。
わたしが面白かったサイトはこちらです→<グアム紀行>

グアムを訪れようとしている方はこちらもご参考くださいね。
グアム政府観光局

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

グアムから帰ってきたが、シンガポールでネイルサロン?

わたしの友達に、もう何年もグアムに魅せられちゃってロクに日本に帰って来ない人がいるの。

男性だから、みんなあまり気にしないけれど…
でも、いったいグアムのどこが良くてそんなに長い時間過ごしているのかなぁ?
しかもね、一人でだよ?
家族と移住しているわけじゃないの。
あくまでも、滞在。

そんな彼が先日、もう一年振りかと思うくらいのメールを寄越した。

びっくりしたけど、元気そうで何より。

そしてね、グアムでネイルサロンのお手伝いをしているんだって!
男性が、だよ?

もう、二度びっくりー!

何でも、シンガポール帰りの見知らぬ人の話しを聞いて影響されたんだとか?

一体、どんな人と会ったのよ…

彼はね、う~ん確かにそんな柄ではないけれどいざこうやってやっているとなると似合わなくもないのよねぇ…
不思議なことに。

男性がネイルサロン勤務だなんて、グアムもシンガポールも女性の受け入れ方がおおらかなのかしら?

いつかは、こんなカンジにインターネットで彼のお店が検索できるようになるかもね→<シンガポール ネイルサロン>

日本には、ちゃーんと有名なサイトがあります。
ご興味のある方は、ぜひチェックしてからご利用くださいねー!
日本ネイリスト協会

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

グアムを少し離れて、シンガポールへ

これまで、俺はグアムにしか目が向いていなかった。

飽きてしまった訳じゃない。
グアムはやっぱり、素晴らしい。

これからも変わらず、グアムに滞在し続けることは間違いない。

しかし。
先日、シンガポールからグアムに渡ってきたという日本人男性に会う機会があった。
シンガポールの様子を聞いているうちに、どうもシンガポールも面白そうな国だということが分かった。

彼が語るシンガポール紀行は、まるで日本のよくできたドキュメンタリー番組のような内容だった。

初対面にも関わらず、彼とは長い時間語り合った。

俺も日本を飛び出して、海外生活は長い。

けれども彼は、若いながらにさまざなま国々を渡り歩いているようだった。

今は、世界中どこにいてもインターネットがあるから情報なんて簡単に手に入る。
彼の話を聞いて、俺も早速いいサイトを見つけたんだ→<シンガポール紀行>

確かに心は大きく揺れ動いたが、すぐに行動しようとは思っていない。
実際に行動を起こすのは、もう少し先になるだろう。

その前に、やらなければならないこともたくさんある。

今はまだ、このサイトでも眺めて彼の話しを思い出すことにしよう。
駐日シンガポール大使館

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS